主婦の家事裏技教えまshow!

重曹とお酢で油汚れもなんのその

家事の中で一番やっかいで面倒くさいのがレンジまわりの油汚れでしょう。
定期的にお掃除すればギタギタになるのを防げるのですが、それでもレンジ周りや換気扇は知らないうちに汚れてしまうものです。
換気扇やレンジまわりの油汚れ、実は重曹とお酢があればゴシゴシと時間と体力をかけなくてもきれいになるのです。
主婦1
まずは重曹にお水を加えペースト状にし、汚れの部分に塗りつけます。
スプレー式の入れ物に入れた普通のお酢をその上から吹きつけます。
上からトイレットペーパーで覆ってパックします。
待つこと10分から15分、汚れ具合によってはもう少し置いた方がいいかもしれません。
外してみるとどうでしょう。
油汚れが浮いてきているので、あとはそれを濡れ雑巾でさっと拭き取ればおしまいです。
それでもちょっと取れにくいようなら、濡らしたメラニンスポンジに重曹を付け、お酢を垂らして直接汚れを拭いてみましょう。
ツルリと一皮向けたようにきれいになるでしょう。
重曹を使うと白く跡が残ることがありますが、水拭きすれば消えるので心配ありません。
油汚れには重曹とお酢のコンビが最強です。
ただし、油を取る分お肌の荒れの原因になるので、くれぐれもゴム手袋を付けて作業しましょう。

+1の家事で毎日家をピカピカに

家事をもし徹底的にやろうとしたら、すごい労力と時間が必要になるでしょう。
その証拠に、家事代行サービスがあります。
家の人の代わりに専門業者が家事をしてくれるサービスです。

 

でも、家事代行サービスに頼ってばかりいたらお金が大変です。
でも、家事を毎日徹底的にやることは、働いている主婦はもちろん専業主婦の方だって難しいと思います。

 

でも、家族のためにできるだけ家事を上手にこなしたいと思うなら+1作業をお勧めします。
+1作業とは普段の家事にひとつだけ特別な作業を加えることです。
例えば、下駄箱の掃除だとか窓ふきとかです。

 

毎日掃除をされている方もいらっしゃるかもしれません。
でも、大掃除の時などにまとめてやっている方も多いとおもいます。
大掃除で普段はできない場所をきれいにするのももちろんいいことだと思います。
新しい年をきれいな状態で迎えれることができるのですから。

 

でも、1年間ほったらかしの状態にしておいては毎日きれいな状態をキープすることなどできません。
でも、+1作業なら定期的にきれいにすることになるのでいつでもきれいをキープすることができます。
それに、一個だけ余分にきれいにするだけなので、体力的にも精神的にも負担はあまりかかりません。
継続は力なりといいます。毎日負担なく家事をこなすことが、一番いい方法だと思います。
主婦2

 

曜日別お掃除法

私は、片づけ、お掃除が苦手な専業主婦です。

 

専業主婦という事で、特に時間の区切りも、家事の内容の区切りもなく、後でやればいいか〜っと先延ばしすることが多々あります。

 

それで、急な来客で大慌てな事も日常茶飯事でした。

 

そんな私に、合うお掃除・片づけ法はないかと調べてみました。

 

そして、一つのお掃除法を見つけました。

 

曜日別お掃除です。
主婦3
たとえば、月曜日は週の初めという事で、玄関のお掃除。
火曜日は火に関する、キッチン回りのお掃除。
水曜日は、お分かりのように水回り、トイレ・お風呂・洗面所
木曜日は、木という事で、床の拭き掃除。
金曜日は金で光るという事で、窓回りや鏡など光物のお掃除。
土曜日は土で庭など外回りのお掃除。
日曜日はお休み、もしくは気になったところのお掃除です。

 

これらに、いつものルーチンお掃除(掃除機・埃はらい・簡単なお風呂・トイレ掃除)などをくっつけたら、なんとなく家全体がきれいになってきた気がしています。

 

水回りやキッチンは特に有効ですね。

 

お掃除をためてしまうと大変なことになりますが、毎週これらの大掃除をしてたら、だいたい綺麗になってそんなに気をはってお掃除しなくてよくなりました。

 

そう、急な来客の時も余裕?でお出迎え出来ます。

 

曜日別お掃除法お試しあれ♪

更新履歴